卒業生インタビュー

  1. ホーム
  2. 卒業生インタビュー(新潟青陵大学 福祉心理子ども学部 社会福祉学科)

新潟青陵大学

新潟青陵大学 短期大学部

新潟青陵大学
福祉心理子ども学部 社会福祉学科

OB OG Stories

01一般社団法人代表理事一般社団法人 みんなの家 ともとも

年齢や障がいの有無にとらわれない
居場所づくり

社会人2年目で起業し、年齢や障がいの有無に関わらず、地域の中で誰もが一緒に楽しく過ごせる場づくりをめざして、新潟市内で障がい児・者支援施設「みんなの家 ともとも」と、多世代交流基地「ともともベース」を運営しています。福祉の仕事は利用者さんの人生に伴走しつづけられるところが楽しく、親戚のような感覚にもなりますね。2021年4月からは地域活動支援センターを開所します。障がい者の就労支援やグループホームなど、生活の場と一人ひとりの人生に長く寄り添えるような事業に力を入れていきたいです。

鈴木 多恵子さん

2009年度卒業 新潟県 高志高校出身

在学中取得資格:
社会福祉士/精神保健福祉士

OB OG Stories

02精神保健福祉士医療法人恵松会 河渡病院

長期入院の患者様が
地域で暮らせる架け橋に

統合失調症などで長期入院している患者様が、地域に生活の場を移せるよう支援する地域移行機能強化病棟に所属しています。退院の意思がなく何十年も入院していた患者様で、地域の施設を見学した際に「お待ちしていますよ」という言葉をかけられたことで、新たな居場所を見つけられた方がいました。現在はそちらの施設に入所し「退院して良かった」と、入院中には見られなかったような柔らかい表情で話されています。今後は、さらに退院後の生活にも寄り添えるような知識と経験を積んでいきたいです。

小野澤 真帆さん

2015年度卒業 新潟県 新潟中央高校出身

在学中取得資格:
精神保健福祉士/社会福祉士

OB OG Stories

03介護福祉士社会福祉法人 人と緑の大地
特別養護老人ホーム 古志乃里

たくさんの失敗を乗り越えて
チームをまとめるリーダーに

10人の利用者様を5人の職員でケアするユニットに所属して、利用者様の食事や入浴などの介助、ケアプラン作成などの業務を行っています。職場は意見を出しやすい雰囲気があり、提案したケアで利用者様が笑顔になると、私もうれしくなります。常に心がけている「目線を合わせる」「丁寧な言葉遣い」など基本的なことは、まさに青陵で学んだことです。一方で仕事を覚えるにつれて社会福祉士の職務にも関心が湧き、在学中に資格取得できる環境を活かさなかったことを後悔しています。
1~2年目は正直失敗が多く、チューブから栄養を注入する経管栄養も苦手で、最初とても緊張していました。次第に落ち着いて対応できるようになり、指導いただいた職員にも「成長したね」と声をかけられたことで、仕事に自信が生まれたと思います。
責任感の強さを評価していただき、昨年からユニットのリーダーになりました。忙しい毎日ですが、スタッフをまとめながら利用者様と一緒にゆっくり過ごす時間をつくり、寄り添える介護をめざしていきます。

土田 悠太さん

2015年度卒業 新潟県 見附高校出身

在学中取得資格:
介護福祉士

OB OG Stories

04福祉行政(公務員)新潟県庁(福祉行政)
コロニーにいがた白岩の里

自分の提案や行動が
新潟の福祉の充実につながる

新潟県の福祉行政専門職として、最初の3年は新潟地域振興局健康福祉部で精神疾患がある方や引きこもりのご家庭などへの支援を、4年目からは知的障害者総合援護施設で生活支援員として勤務しています。重度の心身障がいがある方を介助するなかで、徐々に表情から気持ちが汲み取れるようになりました。利用者の方が楽しめる活動を提案して増やしたところ、表情が良くなっていく姿を見ることができ、やりがいを感じています。

横山 優太さん

2014年度卒業 新潟県 三条東高校出身

在学中取得資格:
社会福祉士/精神保健福祉士

OB OG Stories

05一般企業新潟交通株式会社 事業部営業推進室

魅力的なイベントを企画して
新潟の発展に貢献したい

万代シテイの商業施設・ビルボードプレイスで売り場の管理や、来客につながるイベントの企画を担当しています。街に、施設に、人を呼ぶ手段は無限大で、そこが難しさでも面白さでもありますね。都心で流行していたスイーツのイベントは、年々反響が高まり、出店者も3年目には新潟限定商品や万代コラボスイーツを用意してくれたりと成長した企画のひとつです。万代シテイを新潟の中心地として輝かせ、地元の発展に貢献していきたいです。

伊藤 将仁さん

2015年度卒業 新潟県 北越高校出身